日倉協50周年・被災地への桜の植樹に行ってきました!


昨年度、日倉協50周年記念事業として

東日本大震災被災地の桜の植樹事業が

行われました。福島県相馬市、宮城県

気仙沼市と続いて、岩手県大船渡市の

最後の植樹に岩手県倉庫協会・佐久間

会長の代理で4月1日に大船渡市甫嶺地区

に倉庫協会の山内事務局長さんと行って

きました。場所は三陸鉄道の甫嶺(ほれ

い)駅前と再建された防潮堤の間の

広場でした。ここは元々は農地だった

ようですが震災で防潮堤ともども流さ

れて今は地域の方々が花を植えたり

蕎麦畑を作ったりと頑張っています。

ここに、さくら並木ネットワーク

の皆様と東北担当の吉武伸幸さん、

そして甫嶺自治会長の及川哲さん

と地域の皆様約30名で20本の桜を

植樹しました。前泊して三陸リアス

線で合流された日本倉庫協会の小笠原

常務理事さんと一緒に日本倉庫協会と

岩手県倉庫協会の桜を植樹しました。

10時から約一時間で植樹は無事終了。

そのまま、山内事務局長さんの車

で盛岡まで帰りました。山内さん

早くから有り難うございました!